第80回:究極的で現実的な健康法であり美容法オーガニックファスティング

IDEAストーリー

起業家のストーリーを追体験してもらおうという無料のインタビューサイトです。

このサイトでは、これから起業に興味のある方に向けて、成長のサービスを展開されている方、面白いサービス、商品を出されている方、各分野の実績を出されている専門家の方々にインタビューということで、各スペシャリストの方にお話を伺ってしまおうというような内容で、毎週お届けしています。

本日のIDEAストーリー。ゲストは、株式会社Be Organic 代表取締役 山岡玲子さん。株式会社Be Organicでは、オーガニックファスティング事業を行っています。山岡さんに、事業内容や起業に至るストーリーを伺いました。

 

本サイトでは、対談冒頭の一部のみダイジェストとしてお聴きいただけます。
※対談全編をお聴きいただくには、会員登録が必要です。

 

音声で聴くと、よりリアルに感じて頂けます。

 

 

「オーガニックファスティング」

松本:現在どのような事業をされているのか、自己紹介をお願いします。

山岡:メイン事業は、ファスティングの指導を行っています。ファスティングは日本語で言うと断食のことで、一時的に食事を抜くことにより、デトックス効果を促し、体質改善やアレルギー改善に効果があることが期待されています。弊社のファスティングは、植物を発酵させて作った「酵素ドリンク」を食事の代わりに摂取することが特徴で、私自身は分子栄養学を学んでいますので、一人ひとりの体の代謝を分析したうえで指導させていただいています。

 

「安全にやり遂げられるように」

松本:指導の際に大事にしていることはありますか?

山岡:一人ひとり体の状態は違うので、血液検査データから、どんな栄養が不足しているのかを見極め、その方に合ったファスティングプランを提案させていただいております。食事を断つということは、いきなり飢餓状態になり、体にとっては負荷がかかり、その負荷を受け止められるかは人それぞれなので、お客様の体の状態や生活習慣などを踏まえ、安全にやり遂げられるように導くことを大切にしています。

 

「無農薬の酵素ドリンク」

松本:オーガニックにこだわっているんですか?

山岡:ファスティングに出会う前から、オーガニックが好きで、人生の軸になっています。オーガニックという言葉の語源は「本質的な、本来の」という意味があり、本来あるべき姿に戻ってほしいという思いを込めて、ファスティングをお伝えしています。また、酵素ドリンクも基本的に無農薬や自然栽培の野菜や梅干しなどを使用していることもあり、私のお伝えしているファスティング法をオーガニックファスティングと呼んでいます。

 

「細かいカウンセリングで目的を明確にする」

松本:ファスティングの流れを教えてください。

山岡:まずは無料相談を行い、ファスティングによって起きる体の変化や安全性などを説明させていただいています。また、起床や就寝時間、普段は何を食べているかなど、生活スタイルや食生活の嗜好を把握し、それに合わせて、断食のスケジュールを提案しています。その後、効果的なファスティング方法などのマニュアルや酵素ドリンクなどを配送し、ご自宅で取り組んでいただくという流れです。ファスティング中も、LINEなどで毎日連絡を取り合い、体のなかでの変化をお伝えすることもしています。

 

「ファスティングをやる理由は様々」

松本:どういう方から問い合わせがあるのですか?

山岡:ファスティングによって見た目が変化したお客様の知り合いの方が「私も変わりたい」ということで問い合わせくださることが多く、口コミで集客が成り立っています。これまでに約800人の方へファスティングを指導させていただいており、9割は女性で、1割が男性です。なかには、仕事でパフォーマンスを発揮するためには健康が重要だということで、経営者の方も多く、ファスティングをすると感性が研ぎ澄まされ、仕事がはかどったり、クリエイティビティが高まったという声も多くいただきます。

 

「お客様との連絡は常に取れる状態にしておく」

松本:山岡さんの1日のスケジュールを教えてください。

山岡:朝起きて、メールの返信や配送手続きなどの業務を1時間ほどして、ホットヨガに通っています。お昼ご飯を作って食べて、2時から6時まで仕事をして、夜は友達の家でホームパーティーをするときもありますが、暇があれば仕事をしてしまうタイプなので、予定がないときは、1日12時間ほど働いているときもあります。また、お客様との連絡は常に取れるようにしていますので、旅行中であってもスマホでお客様の近況は確認しています。

 

「偶然の配属からオーガニックの虜に」

松本:オーガニックと出会ったきっかけは何ですか?

山岡:大学卒業後、インテリア雑貨販売などに携わりたいと思い、就職しましたが、リーマンショックが起きて、希望する部署とは別の部署に配属になりました。その配属先が自然派化粧品を販売する部署となったことが、私とオーガニックの出会いです。希望部署ではなかったので、本社に戻りたいという気持ちで真面目に仕事に取り組み、化粧品についての研修会なども参加したり、自宅でも独学で勉強していくうちに、オーガニックというものにはまっていきました。

 

「2年目で店長に抜擢される」

松本:販売員としてどのように成長されましたか?

山岡:常に周囲に気を配り、上司(店長)が困っていることや、先にできる業務はないかなど考えることでスキルアップに繋がり、その努力が認められて、2年目で店長を任せていただきました。店長就任後は、より売上などを意識するようになり、スタッフとお客様とのコミュニケーションの取り方や、販促方法などを考えました。また、化粧品ブランドの著名人をゲストに迎えたイベントなどの開催など、売上アップのために知恵を絞れたことは面白かったです。

 

「商品を五感で感じたい」

松本:販売員をされたあとは、何をしていたのですか?

山岡:化粧品を販売するためのセールストークはいくらでも話せましたが、商品の生産現場を見たことがないのに売り文句だけを話していることに疑問を感じ、実際に作り手の方に会いに行くために、3年で退職しました。その後、農家さんを訪れ、ただ見学するだけではなく、一緒に汗を流して働き、花の咲き方や農家さんの想いを聞くという旅に出ました。最初は自身が扱っていた商品の原料を作られているハーブ農家さんやお茶農家さんにテレアポで見学依頼をして、「普通、畑を見たいという方は来ない」と驚かれましたが、快く受け入れてくださいました。奈良のお茶農家さんでは、食事や寝る場所は提供していただく代わりに、農家さんとともに働かせてもらい、五感で商品を感じることができました。

 

「仲間の影響で自然と起業を考えるように」

松本:独立意欲はもともとあったのですか?

山岡:シェアハウスに住んでいたのですが、一緒に住んでいる仲間はWEBデザイナーやライターなど、フリーで活動している方ばかりだったので、私も自分で仕事がしたいと自然に思うようになりました。また、学生時代はベンチャー企業でインターンをしていた経験もあるため、いつかは起業家になるために実力を付けておきたいという気持ちは芽生えていました。

 

「悩みを聞いてくれる存在」

松本:農家を巡る旅が終わったあとはどうされましたか?

山岡:健康と美容にアプローチするために、食という分野で仕事がしたいというところまでは決まったのですが、何の武器もなかったため、土日に美容などの勉強をするために、平日勤務の仕事を探していました。当時、インターンでお世話になったベンチャー企業の社長とまだお付き合いがあり、そのことを相談したところ、アルバイトというかたちで勤務させていただくことになりました。業務は、レジャー施設ポータルサイトの法人営業を任され、自分が起業するにしても法人相手の営業は経験になると感じ、3か月で正社員に抜擢してもらって合計約3年頑張らせていただきました。

 

「食べることが好きな方向けの健康法」

松本:ファスティングとの出会いを教えてください。

山岡:食に関する仕事をするために、様々な勉強会に参加しました。ローフードやマクロビ、薬膳など、あらゆる食事法を知りましたが、食べることが大好きな私にとって、毎日健康に気を遣った食事にすることは難しいと思っていたところ、ファスティングに出会いました。ファスティングは短期集中でデトックスでき、それ以外は好きなものを食べても大丈夫ということに惹かれ、現代人にも合っていると感じました。また、食事を少しの間だけ断つことで、毎日使っている消化器官を休めることができ、人間が本来持っている自然治癒力を引き出すことができます。アレルギーや花粉症を自分の体が治す能力を底上げするようにバックアップしたいということで、ファスティングを事業としようと決意しました。ファスティングマイスターの資格を取得してから、実績を作るために、まずはお試し価格で体験者を募り、徐々に顧客を増やしていったという流れです。

 

「日ごろから食に関する発信をしていた」

松本:なぜ初めから仕事が取れたと思いますか?

山岡:普段から、TwitterやFacebookで、オーガニックなど食に関する情報発信をしていたことが大きいと思います。あるとき、醤油を12本まとめて買ったので、誰か欲しい人いませんか?と投稿したところ、すぐに売り手が見つかったということもあり、私、イコール、食と健康のオタクなんだということは周知されていたと思います。食と健康についての知識が高いというところもあり、ファスティングを始めたときも、すぐにやりたいと言ってくださる方が見つかったと感じています。

 

「口コミを大切にしている」

松本:マーケティングで工夫されていることはありますか?

山岡:ファスティングを体験していただいたあと、率直な感想をSNSで発信していただけると、少しお安くしますという工夫はしています。お客様が投稿してくれることで、その方のご友人が興味を持ってくださったり、投稿が拡散することで、まったく面識のない方からの問い合わせにも繋がっています。

 

「気になる人には会いに行くべき」

松本:起業したいけど、何から始めたらいいか迷っている方へアドバイスをお願いします。

山岡:私は半年間の旅で感じたことが深く響き、今の仕事に巡り合ったので、環境を変えて、自分を見つめ直す時間を作ることは大切だと思います。皆さん、それなりに好きなものはあるはずなので、私が農家さんに会いに行ったように、尊敬できる人に会いに行くことで道が開けるかもしれません。最近はSNSで簡単に連絡を取れるような時代になりましたので、好きなことの世界で頑張っている方の話を聞いてみてください。

 

「ファスティング効果を実証したい」

松本:今後の事業展開や夢を教えてください。

山岡:ファスティングの仕事をもっと深めていくために、ファスティングを実施するだけではなくて、血液データなどで実施前後を比較し、体質の変化などを実証したいという思いがあります。「ファスティングは体にいい」という、ふんわりした言い方ではなく、理論的にファスティング効果を出すことで、より精密に一人ひとりに合った提案ができるようにしたいということが夢です。それから、お弟子さんを育てているので、その方が本業としてやっていけるようにバックアップしていきたいとも思っています。

 

「社会に提供した価値が返ってくる」

松本:最後に、起業を目指す方へメッセージをお願いします。

山岡:起業したいという衝動や欲求があれば、その気持ちを無視しないで突き詰めてほしいです。社会に提供した価値が「ありがとう」という意味で売上として返ってくることが大切で、お金儲けだけが起業の醍醐味ではないと思います。自分が好きなことは何か、好きなことで社会に価値を提供できないかを見つけるためにも、まずは、夢中になって取り組めることを探してみてください。

 

起業におすすめな本/社長の「1冊」

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。失敗しても、またゼロに戻るだけだ。決してマイナスにはならない。だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

 

山岡 玲子(Reiko Yamaoka)
Organic Fasting 主宰
株式会社be Organic代表取締役
一般社団法人 分子整合医学美容食育協会 明治神宮前支部 支部長

保有資格
*分子整合医学美容食育協会 東京中央支部 プロフェッショナルファスティングマイスター(1級断食指導者)
*杏林予防医学研究所アカデミー 中級講座修了
*ナチュラルフードコーディネーター
*オーガニックコンシェルジュ

愛知県出身、1986年生まれ。太陽星座は猪突猛進な牡羊座だけど、月星座は母性と感情豊かな蟹座。身長161㎝、体重は41~46kgをうろうろ(断食するので変動します)。体脂肪率17~19%、骨格筋率32~33%。体内年齢18歳。
(*オムロン&タニタの体組成計より)

大学卒業後、オーガニックコスメ店の店長を経験。自他ともに認める探求心旺盛なオタク気質のため、化粧品は化学合成成分フリーのものしか使わない。クレンジングは有機なたね油と純石けんのみ。布ナプキン歴6年。シャンプーも気づけばオーガニックシャンプー→純石鹸→湯シャンへと変遷するほどの自然派オタク。

店長の職を辞した後、「野菜やハーブの生産現場を自分の目で見たい!農家さんの想いや暮らしに触れたい!」といてもたってもいられなくなり、2012年4月〜8月に産地巡礼の旅に出て、国内外の畑や農家を訪れる。その経験からすっかり生産現場フェチ・生産者フェチとなり、その後も果樹園、畜産農家、漁港、工場見学など訪れた食の生産地は数知れず…(まだまだ訪れたい生産現場は山ほどあります!)

産地巡礼の旅を通して自らを見つめなおし、食と健康をテーマに人生を全うしたいという気持ちが確固たるものに。その後、マクロビオティックやローフード、薬膳、アーユルヴェーダなど様々な食事療法(食べる健康法)を学んだのち、「これだ!これこそ、すべての人に伝えるべき本質的=Organicな健康法だ!」としっくり来たのがファスティング(断食=食べない健康法)だった。

ファスティング(断食)は、飢餓状態という一種のストレスを与えることで、私たちひとりひとりの身体にオーダーメイドで備わっている「100人の名医」=自然治癒力を最大限、本領発揮できるよう後押しするアプローチです。

その結果、普段は行き届かないところまで細胞レベルで体内のメンテナンスが行われ、普段の生活ではほとんど排出できない重金属のデトックスや細胞の若返りが行われ、体質改善につながっていきます。ダイエット効果はそのおまけのようなもの。もちろん健康的に骨も筋肉も弱めることなく痩せられ、自分の身体をより一層愛おしく、慈しむことができます。

これこそが、化学物質や食品添加物、電磁波、放射能の汚染にまみれ、日々食べ過ぎてしまう私たち現代人にとって、究極的で現実的な健康法であり美容法であり、予防医学なのだと確信しています。

人生のコンセプトは、
be Organic.
Sustainable, Ethical, and Holistic.

Organic Fasting Program
https://organicfasting.com/

 

Pocket